産経ニュース

皇太子さま、南海地震の津波碑ご視察 徳島を日帰りでご訪問

ライフ ライフ

記事詳細

更新


皇太子さま、南海地震の津波碑ご視察 徳島を日帰りでご訪問

康暦の碑をご覧になる皇太子さま=27日午前11時7分、徳島県美波町(代表撮影) 康暦の碑をご覧になる皇太子さま=27日午前11時7分、徳島県美波町(代表撮影)

 皇太子さまは27日、日帰りで徳島県を私的に訪れ、過去の南海地震に関する津波碑や、避難タワーなどを視察された。皇太子さまはライフワークとする「水問題」に関連し、文献に基づく地震や津波の研究にも取り組まれており、今回の訪問はその一環という。

 同県美波町では、南北朝時代の「正平南海地震」後の1380年に建立され、国内最古の津波碑とされる「康暦(こうりゃく)の碑」を訪問された。皇太子さまはこの碑について、海外の国際会議でのビデオ講演で「歴史から学ぶ」例として触れられたことがある。皇太子さまは顔を近づけて碑の文字を読んだり、自らのカメラで撮影したりするなど熱心にご見学。担当者には「これからも大切にしてください」と述べられたという。

 同県海陽町では、地域の津波に関する史料などをご鑑賞。続いて南海トラフ巨大地震に備え、平成27年に完成した約14メートルの津波避難タワーでは、階段を徒歩で上り「対策を非常に良くとっているという気がします」と話されていた。

このニュースの写真

  • 皇太子さま、南海地震の津波碑ご視察 徳島を日帰りでご訪問

「ライフ」のランキング