産経ニュース

福島・浪江町の馬場有町長が死去 69歳、原発避難を指揮

ライフ ライフ

記事詳細

更新


福島・浪江町の馬場有町長が死去 69歳、原発避難を指揮

 死去した福島県浪江町の馬場有町長  死去した福島県浪江町の馬場有町長

 東京電力福島第1原発事故で一時、全域に避難指示が出た福島県浪江町の馬場有(たもつ)町長が27日午前、福島市内の病院で死去した。69歳だった。町が明らかにした。体調不良を理由に13日に町議会議長に辞職願を提出、町議会が同意し、30日付で辞職することになっていた。

 馬場氏は昨年12月に胃がんの手術をし、入院していた。辞職願では、医師から日常生活が困難との所見を受け、「町民にご心配とご迷惑をかけられない」と説明していた。

 馬場氏は浪江町出身で、町議や福島県議を経て、平成19年12月、町長に初当選。23年の東日本大震災と原発事故では住民避難などの陣頭指揮を執った。

 町長選は7月26日告示、8月5日投開票で行われる。

「ライフ」のランキング