産経ニュース

穂村弘さん歌集「水中翼船炎上中」 懐古と驚きが照らす「今」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


穂村弘さん歌集「水中翼船炎上中」 懐古と驚きが照らす「今」

「くしゃみをするように言葉が出てくる。後で、何でこんなこと書いたんだろう?って考えるんです」と話す穂村弘さん 「くしゃみをするように言葉が出てくる。後で、何でこんなこと書いたんだろう?って考えるんです」と話す穂村弘さん

 現代を代表する人気歌人、穂村弘さん(56)が17年ぶりとなる歌集『水中翼船炎上中』(講談社)を編んだ。昭和から平成、そして21世紀へ-。厚みのある「時間」が三十一文字(みそひともじ)からあふれ出し、驚きと懐かしさに彩られた情景が立ち上がる。(海老沢類)

                  

 1990年代以降に詠んだ328首を収める。題材は、穂村さん自身が生きてきた時間。昭和40年代の学校や思春期の記憶、母の死や父の老い、さらには現在の日常までが縦横に詠まれていて、読み終えると長い旅をした感覚が残る。

 「今までの僕の短歌は時が止まっていて、永遠みたいな感じだった。でも自分が年を取ったのもあるけれど、ダサいこと、老いたボロボロ感もまた面白いなって」。戦時の記憶を抱える父と息子のささやかな非日常を切り取ったこんな一首は象徴的かもしれない。

 ・クリスマスイヴの鮨屋に目を閉じてB-29の真似をする父

 「時間って連続性があるけれど、自分の意識の中ではいろんな『区切り』がある。この半世紀で時空間のにおいや色が変わった感じが僕にはあって、それをとどめておきたかった」

続きを読む

「ライフ」のランキング