産経ニュース

【マンスリー将棋】棋聖戦1次予選で夢のカード 藤井七段と里見女流四冠が対戦へ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【マンスリー将棋】
棋聖戦1次予選で夢のカード 藤井七段と里見女流四冠が対戦へ

 羽生善治棋聖(47)=竜王=に豊島将之八段(28)が挑戦している第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負は第2局を終え、1勝1敗と白熱している。その一方で第90期の1次予選も既に始まっており、2回戦で夢の対戦カードが実現した。最年少記録を次々と塗り替えている藤井聡太七段(15)対里見香奈女流四冠(26)=女流王座・女流名人・女流王将・倉敷藤花=だ。

 棋聖戦1次予選は順位戦C級1、2組の棋士、2人の女流棋士(推薦出場)ら計109人が参加。里見女流四冠は女流枠の一人として出場し、18日に行われた1回戦で村田智弘六段(37)を85手で破り、2回戦の藤井七段戦に駒を進めた。

 里見女流四冠は島根県出雲市出身、森●二・九段門下。女流棋戦の通算成績は228勝80敗でタイトル獲得31期、3つのタイトルで永世称号の資格を得ている。鋭い攻めに定評があり、“出雲のイナズマ”の異名を持つ。女流棋士と並行して奨励会三段リーグで女性初のプロ棋士を目指したが今年3月、年齢制限で退会を余儀なくされた。

 里見女流四冠の男性棋戦での通算成績は5勝17敗。藤井七段は「三段リーグで一度対戦しましたがプロになって初。久しぶりの対戦で楽しみです」、里見女流四冠は「自分の力が出し切れるように一生懸命頑張りたい」と、それぞれ話した。

 対局日程は未定だが、「将棋界の顔」ともいえる2人の対戦にプロ棋士らも注目している。(田中夕介)

●=ふるとりに奚

 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。

⇒アンケートはこちらから

「ライフ」のランキング