産経ニュース

【ニュースの深層】意外! 梅雨は熱中症にご注意! 肥満や飲酒もリスクに

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ニュースの深層】
意外! 梅雨は熱中症にご注意! 肥満や飲酒もリスクに

 北海道を除く全国各地で梅雨に入り、厚い雲に覆われ肌寒い日と思えば、強烈な日差しが照りつける酷暑日…。真夏ばかりと思いがちだが、こんな梅雨の季節にこそ注意が必要なのが熱中症。気温が乱高下し、体が暑さに慣れていないため、体温調整ができない人が続出してリスクが高まるというのだ。意外にも知られていない梅雨の熱中症リスク。専門家に予防法を尋ねると、「飲酒」「肥満」といったキーワードが浮かんできた。(社会部 植木裕香子)

梅雨時は特に“危険”

 今のような梅雨の時期こそ侮れないという熱中症。特に注意が必要とされるのが、降雨で気温が低下した“梅雨寒”の後の真夏日だ。つかの間にのぞく晴れ間や、梅雨明け直後も危険視されるという。

 国士舘大学防災・救急救助総合研究所の島崎修次所長(77)によると、気温差や前日の雨により、湿度が高まることが熱中症を引き起こす要因となる。

 「冬から夏へと移る途中の梅雨の時期の人間は、まだ、熱を効率的に放散できる夏用の身体になりきれていない。体温調節のための発汗がうまくできず、体内に熱がこもり熱中症が発生するんです」(島崎所長)

 若者に比べて体内の水分量が少ない高齢者や、屋外で大量に汗をかく運動をする人は、熱中症にかかる危険度が増すのだそうだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 意外! 梅雨は熱中症にご注意! 肥満や飲酒もリスクに

「ライフ」のランキング