産経ニュース

【日本再発見 たびを楽しむ】〝2大偉人〟の足跡感じる夢空間~さかい利晶の杜(堺市)

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【日本再発見 たびを楽しむ】
〝2大偉人〟の足跡感じる夢空間~さかい利晶の杜(堺市)

きれいなガラス張りの外観が目を引く「さかい利晶の杜」=堺市 きれいなガラス張りの外観が目を引く「さかい利晶の杜」=堺市

 大阪第2の都市、堺市。百舌鳥(もず)古墳群をはじめ、茶人・千利休の出身地であるなど、歴史と文化が色濃く残る街として知られている。

 観光スポットも随所に点在し、西文化会館ウェスティなどの文化施設も充実。近年では、堺ゆかりの千利休と歌人・与謝野晶子の生涯や功績などに触れられる「さかい利晶の杜」(堺市堺区)が話題で、連日多くの人が訪れている。

 「さかい-」は同市が利休の屋敷跡と晶子の生家跡に近い旧市立堺病院跡地に建て、文化観光施設の目玉として3年前にオープン。昨年11月に来場者100万人を突破した。「千利休茶の湯館」や「与謝野晶子記念館」(両館で入場料300円)をはじめ、京都府大山崎町に残る利休作とされる国宝茶室「待庵(たいあん)」の創建時の姿も復元しており、こちらも見逃せない。さらに茶の湯体験ができたり、飲食店も併設され、ゆったりと過ごせるのも魅力だ。

 この〝2大偉人〟に関連したイベントも定期的に実施。秋頃からは2つの催事などを予定し、堺市の文化や歴史に対する興味喚起を促している。堺市文化観光局の重松真美さんは「かつて千利休が修行し、境内に千家一門の供養塔が置かれる南宗寺も近くにありますので、あわせて巡ってみてはいかがでしょうか」と話す。南海本線の堺駅から徒歩約10分。そこには茶の湯文化や女流歌人の歌を通し、堺市の〝足跡〟を感じる夢空間が広がっている。

 ▽30日に西文化会館ウェスティでラジオ大阪のイベント「SOLIDEMOのたこ焼きラジオ×ボイメン☆KANSAI合同イベント『たこパ!~男だらけの夏祭り~』」を開催する。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

「ライフ」のランキング