産経ニュース

【将棋】王座戦、藤井聡太七段がベスト4進出

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【将棋】
王座戦、藤井聡太七段がベスト4進出

将棋の王座戦挑戦者決定トーナメント準々決勝で、深浦康市九段(左)を破った藤井聡太七段=22日午後、東京都渋谷区(飯田英男撮影) 将棋の王座戦挑戦者決定トーナメント準々決勝で、深浦康市九段(左)を破った藤井聡太七段=22日午後、東京都渋谷区(飯田英男撮影)

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(15)は22日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された第66期王座戦挑戦者決定トーナメント準々決勝でA級棋士の深浦康市九段(46)に勝ち、ベスト4進出を決めた。最年少でのタイトル挑戦まであと2勝とした。八大タイトル戦で挑戦まで2勝となったのは初。7月6日の準決勝で斎藤慎太郎七段(25)と対戦する。

 藤井七段は今年度、8戦8勝(未放送のテレビ棋戦を除く)。公式戦で深浦九段との対局は2度目で、昨年12月の初対決では深浦九段が大激戦を制した。

 同トーナメントは計16人の棋士が出場し、中村太地王座(30)への挑戦者を決める。藤井七段が今年度中にタイトル挑戦の可能性があるのは王座、竜王、棋王の3タイトル。

藤井七段の話

 「序盤から一手一手難しい将棋だった。ここまで(ベスト4)来られたので、次の対局も全力を尽くしたい。(タイトル挑戦は)意識しても仕方ないと思うので、今まで通り指せればいい」

 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。

⇒アンケートはこちらから

このニュースの写真

  • 王座戦、藤井聡太七段がベスト4進出
  • 王座戦、藤井聡太七段がベスト4進出
  • 王座戦、藤井聡太七段がベスト4進出
  • 王座戦、藤井聡太七段がベスト4進出

「ライフ」のランキング