産経ニュース

【教育動向】「なぜ、お酒を飲んではいけないの?」と聞かれたら

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
「なぜ、お酒を飲んではいけないの?」と聞かれたら

 子どもがお酒を飲むのはいけないとわかっていても、「ちょっとだけなら…」、そんな気持ちに、大人がなっていないでしょうか。未成年者の飲酒は、れっきとした法律違反であるだけでなく、成長期の体に悪い影響があります。大人になって楽しくお酒と付き合えるようになるためにも、子どもは飲んではいけない理由をきちんと伝えられるようにしたいものです。

飲ませた大人が責任を問われる

 お祭りやキャンプなどで、大人がお酒を飲んでいる姿を子どもが見る場面も多いでしょう。しかし、20歳未満の未成年者がお酒を飲むことは「未成年者飲酒禁止法」という法律で禁止されています。保護者は子どもがお酒を飲むのを止める義務があり、止めなかった場合は罪に問われます。コンビニエンスストアなどでお酒を買うときに販売員が年齢確認をするのは、販売業者が未成年者にアルコールを提供することが、この法律で禁じられているからです。

 お酒を飲んだからといって、子ども本人が罰せられることはありません。しかし、アルコールは成長期の子どもに悪影響を及ぼします。脳や性腺機能、肝臓や膵臓(すいぞう)などの障害を引き起こす原因になります。お酒に慣れていない子どもの場合、「急性アルコール中毒」にもなりやすいのです。

 このような認識が広まるにつれて、未成年者の飲酒傾向は減少しています。厚生労働省の2014年度調査によると、1か月間で1日でもお酒を飲んだことがある子どもの割合は年々減少し、中学生男子で5.5%、中学生女子で5.2%、高校生男子で11.5%、高校生女子で8.1%となっています。でも、高校生の約1割が月に1度ぐらいはお酒を飲んでいると考えると、どうでしょうか。

続きを読む

「ライフ」のランキング