産経ニュース

小惑星リュウグウは「そろばんの玉」 探査機はやぶさ2が撮影

ライフ ライフ

記事詳細

更新


小惑星リュウグウは「そろばんの玉」 探査機はやぶさ2が撮影

小惑星探査機「はやぶさ2」が20日に撮影した小惑星「リュウグウ」(JAXA提供) 小惑星探査機「はやぶさ2」が20日に撮影した小惑星「リュウグウ」(JAXA提供)

 小惑星探査機「はやぶさ2」が撮影した目的地の小惑星「リュウグウ」の写真を宇宙航空研究開発機構(JAXA)が21日、公表した。そろばんの玉のような形で、表面に多くの凹凸がある。リュウグウの詳しい形状が分かったのは初めて。

 リュウグウまで約120~100キロに迫った20日に搭載カメラで撮影した。地球からの観測では、ほぼ球形と予想されていた。直径は約900メートルとみられている。リュウグウには27日ごろに到着する。

 同様の形の小惑星はほかにも多数見つかっているが、リュウグウより小さく高速で自転しているものが多いという。会見した吉川真ミッションマネージャは「このような形になるメカニズムを解明したい。今回の探査は非常に面白いことになる」と強調した。

 写真を見て研究チーム内では映画「スター・ウォーズ」に登場する「デス・スター」やアニメ「機動戦士ガンダム」に登場するソロモンといった、架空の宇宙要塞に似ているとの声も出たという。岩の塊が目立ち凹凸がたくさんあることから、吉川氏は「コンペイトーにも近いかもしれない」と話した。

 初代はやぶさが探査した小惑星「イトカワ」は、独特の形状からピーナツ形、ラッコ形などと表現され話題を呼んだ。

 はやぶさ2はリュウグウに着地して物質を採取するため、地形が重要になる。吉川氏は「そんなに不規則な形でないことは、着地のための安心材料ではある。しかし数メートルの岩でも危険なので、まだ詳しい観測が必要だ」とした。

 はやぶさ2は平成26年12月に地球を出発。人工クレーターを作り、史上初めて小惑星の地下の物質を採取して地球に持ち帰る。

このニュースの写真

  • 小惑星リュウグウは「そろばんの玉」 探査機はやぶさ2が撮影

「ライフ」のランキング