産経ニュース

北海道にティラノ類化石 巨大化解明に期待

ライフ ライフ

記事詳細

更新


北海道にティラノ類化石 巨大化解明に期待

ティラノサウルス類の骨格図と発見された化石(c)増川玄哉氏 ティラノサウルス類の骨格図と発見された化石(c)増川玄哉氏

 北海道大は20日、芦別市で平成28年に見つかった恐竜の化石について、ティラノサウルス類の尾椎骨(尻尾の骨)の可能性が高いと発表した。原始的な種を含むティラノサウルス類は、進化の過程で全長3メートルから12メートルほどに巨大化したと考えられている。今回の化石は大きくなる途上の中型恐竜とみられ、研究者は「巨大化のメカニズムを解明する上で重要な資料」と期待している。

 北大の小林快次准教授によると、化石は長さ約9センチで、愛好家の男性が8980万~8630万年前の白亜紀後期の地層から見つけた。北大と三笠市立博物館が外形や内部構造を分析し、全長6メートルほどの中型ティラノサウルス類とみられることが分かった。

 この年代の地層からはティラノサウルス類の化石の出土が世界的に限られており、国内では福島県広野町で昭和61年に見つかった化石に続き2例目という。

 化石は三笠市立博物館で23日から一般公開する。

このニュースの写真

  • 北海道にティラノ類化石 巨大化解明に期待

「ライフ」のランキング