産経ニュース

【話の肖像画】アーティスト・野老朝雄(3)五輪エンブレム決定2日後に母が危篤…

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
アーティスト・野老朝雄(3)五輪エンブレム決定2日後に母が危篤…

2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムに野老朝雄さんの「組市松紋」が選ばれた=平成28年4月25日(春名中撮影) 2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムに野老朝雄さんの「組市松紋」が選ばれた=平成28年4月25日(春名中撮影)

 〈建築家の父、インテリアデザイナーの母のもと、東京都新宿区で生まれ育った〉

 子供の頃は建設現場に行くのがすごく好きでした。資材置き場で遊んだりしていましたが、今から考えるとシンナー臭くてホコリだらけの場所。ボルトとか重いものが気になっておもちゃ代わりにしていると、職人さんに「坊主、気を付けろよ」と注意されたりした。ヘルメットに父の設計事務所のロゴが入ってるのが誇らしくてね。

 漫画「ドラえもん」で描かれたように、当時、空き地には土管が普通に放置されていました。超高層ビルもいよいよ建設といったところで、東京中が現場みたいなものでした。どんどん新しい建物、景観が立ち上がっていくのを見て、単純にすごいなあとワクワクした。今思えばスクラップ&ビルドで、古き良き街並みまで壊されてたのかもしれないけれど、それは後で気付くことです。

 親に展覧会に連れて行ってもらったり、自宅にあった建築誌を夢中で読んだり、文化的には恵まれていたと思います。学生時代は友達に誘われて、バンド活動でベースを弾いたりしたこともありましたよ。でも物心ついたときから、将来は建築家になろうと思っていました。子供の頃から鈴木恂(まこと)さんの建築などが好きでしたし、僕らの世代で安藤忠雄さんに影響を受けてない人はいないんじゃないですか。

続きを読む

「ライフ」のランキング