産経ニュース

親子で話すきっかけに 子供向け道徳本続々刊行

ライフ ライフ

記事詳細

更新


親子で話すきっかけに 子供向け道徳本続々刊行

子供向けの道徳本。刊行が相次いでいる(納冨康撮影) 子供向けの道徳本。刊行が相次いでいる(納冨康撮影)

 「人数が多いほうが、正しいってどうして言えるんだろう?」「『イジメ』と『おふざけ』のちがいってなに?」-。「道徳」を扱った子供向けの本の刊行が相次ぎ、異例のヒットとなっている。今春から小学校で道徳が教科化されたことに伴い、保護者の間で関心が高まっているようだ。普段話しづらいテーマについて親子で考えるきっかけになると好評だという。(油原聡子)

 答えのない問い

 3月に発売され、すでに発行部数5万部と異例の売れ行きを見せているのが、「答えのない道徳の問題 どう解く?」(ポプラ社)だ。著者は、広告会社に勤務する子供のいるクリエーターの男性3人。

 絵本のような作りが特徴で、大きなイラストに短い文章が添えられている。「命」や「正義」などを扱っており、「ネット上の友だちと学校の友だち、どっちが本当の友だちって言えるんだろう?」などの疑問を提示。テーマに合わせて将棋の羽生善治棋聖ら著名人13人の意見も紹介する。

 メディアで大きく取り上げられ、発売前に2度増刷。同社によると、児童書は一部の有名作家でもない限り、初版数千部が一般的だ。予想を超えたヒットに編集担当者の花立健さんは「今は未来が見通せない時代。子供には、答えのない問いを考える力を身につけてほしいと考える保護者の方も多い」と指摘する。

続きを読む

「ライフ」のランキング