産経ニュース

【100歳時代プロジェクト】牛乳 筋肉組織の強化からも有用性

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【100歳時代プロジェクト】
牛乳 筋肉組織の強化からも有用性

牛乳と認知症・筋力との関係 牛乳と認知症・筋力との関係

 ■認知症発症と筋力に関連

 牛乳に認知症抑制や筋力アップを後押しする効果が期待できることはこれまでさまざまな研究から明らかになっていたが、最近、認知症発症と筋力との間にも大きな関係がありそうだとの研究結果が発表された。これらの結果から、歯の悪い高齢者でもタンパク質の摂取がしやすい牛乳の有用性が「筋肉組織の強化」という面から、改めてクローズアップされることとなった。(山本雅人)

 ◆発症リスク3割減

 認知症発症と筋力との関係が明らかになったのは、医学界では国際的に有名な九州大の「久山(ひさやま)町研究」のデータ。昭和63(1988)年に福岡県の同町の住民健診を受けた60歳以上の1192人を24年間追跡したところ、全身の筋力の指標となる握力の数値が低かった人が、アルツハイマー型の認知症になりやすい傾向があることが分かった。

 研究を統括する二宮利治・九州大大学院医学研究院教授は「高齢者にとって筋力を保つことの大切さを痛感した」と語る。この研究は昨秋の日本認知症学会学術集会で発表され反響を呼び、現在、データを詳細に解析し、論文化の作業が進められている。

 牛乳と認知症抑制との関係については、平成17年に久山町研究によって報告されている。1日当たりコップ1杯程度の牛乳(97~197グラム)を飲む人は、あまり飲まない人に比べ、アルツハイマー型と血管性を合わせた認知症の発症リスクが3割程度低くなるという。今回の研究とほぼ同じ対象者を17年間追跡し、栄養摂取に関するアンケートと突き合わせて判明したものだ。「牛乳に認知症の予防効果があるとまでいっていいかどうかは分からないが、興味深い数字だと思う」(二宮氏)

続きを読む

このニュースの写真

  • 牛乳 筋肉組織の強化からも有用性

「ライフ」のランキング