産経ニュース

【教育動向】大学が3タイプに分かれる?

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
大学が3タイプに分かれる?

 「大学全入時代」と言われて久しくなっていますが、今年に入る前、大学関係者の間では「2018年問題」という言葉が危機感を持って語られていました。主な入学対象年齢である18歳の人口が、再び減少期に入るからです。そうしたなかで文部科学省は、各大学を大きく3タイプに明確化するよう提案しています。背景には何があるのでしょうか。

林文科相が審議状況を報告

 18歳人口はここ数年、120万人前後で推移してきましたが、2018年度に約118万人となるのを皮切りに年々減っていき、30年には100万人ほど、40年ごろには現在の3分の2に当たる約80万人にまで落ち込むと推計されています。

 そこで2017年3月、当時の松野博一文部科学相は、40年ごろの社会を見据え、大学を含む高等教育機関の「将来構想」を検討するよう、中央教育審議会に諮問しました。

 中教審では6月ごろに中間まとめを行ったうえで、秋にも答申を行う方向で検討を進めています。

 そうした中教審での審議状況について、林芳正文科相は、5月16日に開催された政府の「人生100年時代構想会議」第7回会合で報告しました。そこでは現在、約780校ある大学にどのような役割や機能があるかが社会からわかりづらいなどとして、大学の強みや特色を(1)世界を牽引する人材を養成(2)高度な教養と専門性を備えた先導的な人材を養成(3)具体の職業やスキルを意識した高い実務能力を備えた人材を養成…という3タイプに明確化する方向で議論を行っていると説明しています。

続きを読む

「ライフ」のランキング