産経ニュース

【第89期ヒューリック杯棋聖戦】第2局 “将棋めし”羽生はそば御前、豊島はうな重

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【第89期ヒューリック杯棋聖戦】
第2局 “将棋めし”羽生はそば御前、豊島はうな重

「第89期ヒューリック杯棋聖戦」第2局 羽生善治棋聖の昼食、そば御膳=16日午前、東京都港区の「グランドニッコー東京 台場」(鴨川一也撮影) 「第89期ヒューリック杯棋聖戦」第2局 羽生善治棋聖の昼食、そば御膳=16日午前、東京都港区の「グランドニッコー東京 台場」(鴨川一也撮影)

 羽生善治棋聖(47)=竜王=に、豊島将之八段(28)が挑戦する産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」の第2局が16日午前9時から、東京都港区のホテル「グランドニッコー東京 台場」で行われている。

 正午の昼食休憩に入り、羽生が注文した“将棋めし”は、「そば御前」。信州(長野県)の更科そばに、エビ、キス、アナゴ、レンコンといった天ぷらがついている。さらに、マグロ、シマアジ、タイなどのお造り、ホタテガイの酢みそあえ、ご飯、みそ汁とボリュームたっぷりのメニューだ。

 そば御前は同ホテル3階の「日本料理 大志満(おおしま)」でも提供されている。

 一方の豊島は「うな重」。宮崎県産のうなぎが重箱にどっかりと載っている。同ホテルのルームサービスで提供されているという。

 昼食休憩は午後1時まで。

このニュースの写真

  • 第2局 “将棋めし”羽生はそば御前、豊島はうな重

「ライフ」のランキング