産経ニュース

【本郷和人の日本史ナナメ読み】大隈重信の不遇(下)西郷どんと信長の意外な共通点

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【本郷和人の日本史ナナメ読み】
大隈重信の不遇(下)西郷どんと信長の意外な共通点

早稲田大学の大隈講堂と大隈重信像=東京都新宿区(桐山弘太撮影) 早稲田大学の大隈講堂と大隈重信像=東京都新宿区(桐山弘太撮影)

 せごどん、西郷隆盛は大隈重信を評価しませんでした。一言でいうと、血のニオイがしない、から。大隈は幕末の血なまぐさい切った張ったに関わらなかった。まことに結構なことじゃないか、と思うのですが、西郷はそうは考えなかった。文字通り「命がけ」という事態を経験したことのないヤツは、いざとなったら使い物にならん。

 外交のセンスは他藩より一枚も二枚も上手であり、冷徹に実利を計算できると評される薩摩藩ですが、それでもヒュースケン殺害とか寺田屋騒動とかそれに続く田中河内介らの暗殺とか、現代のぼくらから見ると「なにそれ?」という事件を起こしています。幕末には一種の狂気が間違いなく存在し、とくに若者はその影響下にあった。だからこそ、260年続いた幕府を倒すこともできたのでしょうが、話せば分かる、とかの正論なぞは通じない。そして西郷さんは、間違いなくその狂気の中心にいた人なのです。

 だから西郷は、きわめて有能な大隈を「口先だけ」と嫌った。その点、山県狂介(有朋)は信用できる、とした。ぼくだったら「狂介」なんて名乗っているだけで、「どこのあぶない人か」って接触を避けますけれども。それに大隈は51歳の時に壮士に爆弾を投げつけられ、危うく命を落とすところだった(この時に右足を失った)わけですが、この事件前後の大隈の言動を確認すると、彼がいかに肝の据わった人物だったか分かります。西郷の評価は、明らかに誤りだったのです。

続きを読む

「ライフ」のランキング