産経ニュース

【新・仕事の周辺】原口泉(志學館大学教授) ドラマを見て夢を抱いてもらえるたら時代考証に携わる者として本望

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【新・仕事の周辺】
原口泉(志學館大学教授) ドラマを見て夢を抱いてもらえるたら時代考証に携わる者として本望

原口泉・志學館大教授 原口泉・志學館大教授

 NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の時代考証を担当させていただいている。初めて時代考証を担当した1990年の大河「翔ぶが如く」の放送から28年。この間、1993年「琉球の風」、2008年「篤姫」の時代考証を担当、15年度下期の朝の連続テレビ小説「あさが来た」では、薩摩出身の実業家・五代友厚が準主役で登場したため、朝ドラでは異例の時代考証を担当させていただいた。

 では、時代考証とはどのようなことをするのか。脚本が史実に合っているのかどうかをチェックすることはもちろんだが、それだけではない。当時の人はどんな食べ物を食べていたのか、当時どんな生き物がいたのか、冠婚葬祭はどのように行われていたのかなど、映像で再現するために、生活文化の考証もする。また、小道具で使用する書状や、セットで使用する美術品など、事細かなところまで考証をする。中でも一番重要なことは、史実と脚本家の伝えたい思いをかけ合わせられるよう、お手伝いすることである。

 28年前の「翔ぶが如く」では、史実と明らかに違うことはほとんどなかった。司馬遼太郎氏が膨大な文献のリサーチをもとに原作を書かれており、原作にそった形で脚本がつくられていたからだ。近年では、脚本は原作とは別の作品となっている。10年前の「篤姫」では、原作の宮尾登美子氏は、「ドラマではご自由になさってください」とおっしゃっていた。実際、原作では江戸からスタートするが、篤姫の幼少期を描くためにドラマでは薩摩からスタートした。今回の中園ミホ先生脚本の「西郷どん」では、史実をベースとしながら若い方が見ても感情移入しやすいよう、現代の目線で描かれている。そのため、史実と明らかに異なることが多々ある。

続きを読む

「ライフ」のランキング