産経ニュース

【昭和天皇の87年】宿命の母子別離 皇子の養育は薩摩藩士に託された

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
宿命の母子別離 皇子の養育は薩摩藩士に託された

画=井田智康 画=井田智康

運命の皇子(2)

 明治34年5月28日、生後30日の裕仁親王(のちの昭和天皇)は東宮大夫の中山孝麿に抱かれて皇居賢所を参拝し、明治天皇と初めて対面した。

 その偉大さから大帝と呼ばれた明治天皇が、見るからに健康そうな孫の様子に目を細めたのは疑いない。この日、祝賀に参内した閣僚らが命名式に続く2回目の万歳をしたと、当時逓信相だった原敬が日記に書いている。

 一方、16歳の若さで母となった節子皇太子妃は、この頃なぜか沈みがちだった。

× × ×

 話は親王誕生の1カ月余り前にさかのぼる。

 桜のつぼみがふくらみはじめた3月22日、宮中の重臣らが集まり、内密の会議を開いた。生まれてくる皇孫を誰に預けるか、決めるためである。

 天皇家の子女は、臣下の家で養育されるのが長年の慣行だ。明治天皇は公家の中山忠能(ただやす)のもとで、大正天皇も同じ中山家で育てられた。もっとも中山家は明治天皇の生母、中山慶子の実家であり、臣下とはいえ血縁は濃い。

 この先例に従うなら、節子皇太子妃の実家、九条家が適役だろう。九条家は五摂家のひとつで、公家最高位の家格である(※1)。

続きを読む

「ライフ」のランキング