産経ニュース

【皇太子ご夫妻25年】互いの思いやり 感謝示され

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【皇太子ご夫妻25年】
互いの思いやり 感謝示され

ご成婚25周年を前に、愛犬の由莉を連れて東宮御所の庭を散策される皇太子ご夫妻=5日、東京・元赤坂 ご成婚25周年を前に、愛犬の由莉を連れて東宮御所の庭を散策される皇太子ご夫妻=5日、東京・元赤坂

 9日にご成婚25年の「銀婚式」を迎えた皇太子ご夫妻は宮内記者会への文書回答で、互いに支え合ってきた家庭生活への感謝と、来年5月に新天皇、新皇后となる決意を示された。

 皇太子さまは夫婦円満のために「相手を思いやり、相手の立場に立って物事を考えること」を心がけ、「『笑い』を生活の中で忘れないように」されてきたという。皇太子妃雅子さまは、皇太子さまの「いつも優しく、細やかなお心遣い」に感謝を表された。

 「銀メダル」を新たに贈りたいと記された皇太子さまに対し、雅子さまは、皇后さまがご成婚25年の際に天皇陛下に贈られた「感謝状」にならい、皇太子さまに「感謝状を差し上げてもよろしいものでしょうか」と遠慮がちに触れられた。

 新天皇として、ライフワークの「水」問題や環境問題など「新たな公務」にも「真摯に取り組んでまいりたい」との考えを示された皇太子さま。雅子さまは、自然災害の被災地見舞いなどに尽くされた両陛下の姿を心に留め、「広く人々の幸せを祈っていきたい」との思いを披露された。

 結婚11年目の平成15年12月から療養に入り、適応障害と診断された雅子さま。現在も療養が続き、新皇后としての公務も体調を見ながら取り組まれるとみられる。皇太子さまは「快復への努力を重ねています」と理解を求められ、雅子さまは、皇太子さまが公務を果たされるために、「お役に立てますよう努めてまいりたい」とつづられた。

関連ニュース

「ライフ」のランキング