産経ニュース

【教育動向】スマホの「悪影響」にご注意!

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
スマホの「悪影響」にご注意!

 進学などに合わせて、携帯電話(ケータイ)やスマートフォン(スマホ)をお子さんに買い与えたご家庭も少なくないことでしょう。新学期から、はや2か月。お子さんの使い方はどうでしょうか。親子で決めた家庭ルールは、守られていますか?

進む所持の低年齢化

 東京都が今年2月、小学4年生から高校生までの子どもにケータイ・スマホを持たせている保護者を対象にインターネット調査を行ったところ、スマホの利用率(ケータイと両方利用も含む)は小学生でも41.8%を占め、中学生は85.0%、高校生は94.0%にも上ります。スマホを持たせた時期で最も多いのは「中学1年生」の28.2%で、それに次ぐのが「小学5年生から6年生」の21.6%です。小学生までに持たせていたのは計32.6%で、前年に比べ7.7ポイント増えていますから、低年齢化が進んでいることがわかります。

 スマホを持たせた理由を尋ねても、最も多いのは「子供にせがまれたため仕方なく持たせた」(33.1%)で、「子供の所在地がわかるようにするため」(30.8%)を少し上回るほどです。「持たせた方が、メディアリテラシーや情報処理能力がつくと思ったため」(14.9%)や「習い事や塾等で必要なため」(14.1%)など、積極的な理由もあります。今や子どもに最初からすまほを持たせることは、当たり前になりつつあります。

続きを読む

「ライフ」のランキング