産経ニュース

ジョルジュ・ブラック展 晩年、よき職人と生み出した至宝

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ジョルジュ・ブラック展 晩年、よき職人と生み出した至宝

「三つの恩恵(三美神)」 ブローチ 金、ダイヤモンド サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Isra?l 「三つの恩恵(三美神)」 ブローチ 金、ダイヤモンド サン=ディエ=デ=ヴォージュ市立ジョルジュ・ブラック‐メタモルフォーシス美術館蔵 Archives Armand Isra?l

 ピカソとともにキュビスムの創始者として、絵画の革新をもたらしたジョルジュ・ブラック(1882~1963年)。描く対象を立方体(キューブ)など幾何学的図形で表現した絵画は広く知られているが、ジュエリーや彫刻などを制作していたことはあまり知られていない。それらに焦点を当てた展覧会がパナソニック汐留ミュージアム(東京都港区)で開かれている。

 ブラックが人生の最後に取り組んだのが「メタモルフォーシス」の制作だった。「変形」や「変身」を意味するメタモルフォーシスとは、1961年から63年に制作した平面と立体作品の総称。ギリシャ神話の神々などのモチーフが、素材や技法を変えながら平面から装飾芸術、彫刻へと変容する作品群だ。

 高い評価を得ているのがジュエリーで、とりわけブローチが魅力的だ。ギリシャ神話の青春の女神、ヘベが人面魚となり、七宝の緑が鮮やかな海草のある海を優雅に泳ぐ「ヘベ」。女神を象徴する3羽の鳥が重なるように構成された「三つの恩恵(三美神)」は、ダイヤモンドや金が使われ豪華。抽象化された鳥は絵画で描いてきたモチーフだが、立体化すると絵画の世界から解き放たれ自由で躍動的だ。

 ジュエリーだけではなく陶磁器や彫刻にもおよび、ブロンズと鉱石で作られた魚の彫刻など存在感のある作品を残した。

 こうした作品はジュエリー職人のエゲル・ド・ルヴェンフェルド(1919~2000年)の力を借りて一緒に生み出した。

続きを読む

このニュースの写真

  • ジョルジュ・ブラック展 晩年、よき職人と生み出した至宝

「ライフ」のランキング