産経ニュース

【ゆうゆうLife】家族がいてもいなくても(549) 那須と東京…あの手この手の移動手段

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
家族がいてもいなくても(549) 那須と東京…あの手この手の移動手段

 ここのところ那須と東京を行ったり来たりで忙しい。

 それもこれも、後先考えずに、引っ越してきてしまったせい。よもや移住するなどとは夢にも思っていなかったから、東京にいる前提でお気軽に約束した仕事が、数日おきに迫ってきてしまうのだ。

 遠くに住んでいると、朝早い仕事だと、前日に泊まらねばならない。夜遅くになる仕事だと、那須の駅前駐車場に置いた車を走らせて家に戻る道が真っ暗で、怖すぎる。

 つまり、芽吹きの時期の美しさにうっとりしていて、ふと気付いたら、とんでもないことになっていた、そんな状況なのだ。

 現実はかくのごとく厳しい。

 致し方なく、ここ1年は自分の衝動的行動のツケを払うべく、かなり頑張らねばならないのだと、観念することにした。

 そうなって実感するのは、交通費の高さだ。とりわけ新幹線代には、もう呆然(ぼうぜん)としてしまった。

 那須から毎日通勤をしている人もいるのだからと、甘く考えていたら、最寄りの新幹線駅までフツウに購入すると、なんと往復で1万円以上もするのだ。

 那須にやってくる私の友人たちは、「あら、新幹線は富裕層のものよ。庶民は乗れません!」と言い放つ。みな、在来線を乗り継いだり、深夜バスを使ったり、青春でもないのに「青春18きっぷ」を購入したり、安いレンタカーに数人乗り合わせたりするなど、もう知恵を絞れるだけ絞ってやってくる。

 私も周りから、「大人の休日倶楽部ジパング」の会員になって、往復で切符を購入すれば、「山手線内から最寄り駅の新白河間は3割引きになるからね」と、さっそく教えられた。

続きを読む

「ライフ」のランキング