産経ニュース

【本郷和人の日本史ナナメ読み】大隈重信の不遇(上)有能なのに西郷はなぜ嫌った?

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【本郷和人の日本史ナナメ読み】
大隈重信の不遇(上)有能なのに西郷はなぜ嫌った?

大隈重信(国立国会図書館蔵) 大隈重信(国立国会図書館蔵)

 いつもいつも戦国時代のネタを中心に書いてきたのですが、大河ドラマが西郷隆盛ですから、少し幕末・維新期の話も書いてみましょう。不評でしたら、すぐにやめますが。

 ぼくが興味を持っているのは、大隈重信です。2度にわたり総理大臣を務め、早稲田大学を創設した人として知られていますね。彼は天保9(1838)年、佐賀城下会所小路(かいしょこうじ)(現・佐賀市水ケ江)で、佐賀藩士の大隈信保の長男として生まれました。生涯のライバルといえる伊藤博文よりも3歳年長です。

 幼名は八太郎。大隈家は、知行300石の砲術長の家柄というから、堂々たる上士です。維新政府に出仕した人々の中では抜群に毛並みが良い。足軽(実質は農民)出身の伊藤などは比ぶべくもないわけです。7歳で藩校の弘道館に入学し、佐賀特有の『葉隠』に基づく教育を受けましたが、これに反発して退学。国学を学んで尊皇運動に触れ、また蘭学を学んで文久元(1861)年には、主君である鍋島直正にオランダの憲法について進講。弘道館教授に任じられて、蘭学を講じています。

 当時、京都を中心として、時局はもうたいへんな激動のさなかにありました。攘夷(じょうい)か開国か、勤王か佐幕か。テロは日常茶飯事。京都でも各地方でもたくさんの血が流れました。そんな中、大隈は尊皇派に属していましたが、切った張ったの渦中に飛び込んだわけではありません。慶応元(1865)年には、豊かな学識で知られる副島種臣とともに、佐賀藩の英学塾「致遠(ちえん)館」で教頭格として指導に当たっていました。この学校の校長は宣教師のフルベッキ(1830~98年)で、彼は明治時代には東京で活躍し、明治学院大学の創設にも関わっています。大隈に英語を教えたのも彼でした。

続きを読む

「ライフ」のランキング