産経ニュース

障害者雇用をテレワークで 地方の人材に高い期待

ライフ ライフ

記事詳細

更新


障害者雇用をテレワークで 地方の人材に高い期待

北海道旭川市の自宅で勤務し、東京オフィスの社員とインターネットを通じて会話する蓑輪一真さん (価値住宅提供) 北海道旭川市の自宅で勤務し、東京オフィスの社員とインターネットを通じて会話する蓑輪一真さん (価値住宅提供)

 職場外で働く「テレワーク」を活用した障害者雇用に注目する企業や自治体が増えている。通勤が難しく、体調が不安定でも、ITを使って自宅や遠隔地で仕事が可能になるからだ。人手不足が進む都市部の企業は、地方で人材を確保する手段として期待を寄せている。

 周囲気にせず仕事

 北海道旭川市の蓑輪一真(みのわ・かずま)さん(32)は平成29年12月から、東京の不動産業「価値住宅」の非正規社員として、1日7時間、週3日働いている。インターネットで不動産情報を集めたり、パソコンで間取り図を作成したりするのが主な業務だ。

 蓑輪さんは15年ほど前に精神疾患を発症。数年前に一度就職したが症状が悪化し、半年ほどで退職した。その後通っていた就労支援団体のスタッフにテレワークを勧められ、29年秋に旭川市の関連イベントに参加。就職につながった。

 パソコンは、同社が必要なソフトなどをインストールして蓑輪さんに貸与。勤務中は東京の同社オフィスとインターネットで常時つながっており、いつでも会話できる。「オフィスにいるような感覚。体調が悪くても自宅なら多少の無理が利くし、周囲を気にせず仕事ができる」と蓑輪さん。できるだけ長く同社で働くのが今の希望だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 障害者雇用をテレワークで 地方の人材に高い期待

「ライフ」のランキング