産経ニュース

【日本再発見 たびを楽しむ】1000匹が杉木立に舞う「冬妻ほたる」~岩室温泉(新潟市西蒲区)

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【日本再発見 たびを楽しむ】
1000匹が杉木立に舞う「冬妻ほたる」~岩室温泉(新潟市西蒲区)

山間の杉木立に舞う無数のホタル(岩室温泉観光協会提供) 山間の杉木立に舞う無数のホタル(岩室温泉観光協会提供)

 夕闇に舞う無数の光…。夏の訪れを告げるホタルの観賞は初夏から梅雨にかけて、シーズンを迎える。

 新潟の奥座敷として知られる「岩室温泉」(新潟市西蒲区)では6月中旬から7月上旬にかけ、そんな幻想的な光景を楽しめる。同温泉街にほど近い山中には無数のゲンジボタルが飛び交い多くの人の心を捉えるのだ。このホタルは日本海側にそびえる多宝山から流れる岩室払川沿いの湧水、冬妻(ひよつま)清水で育ち、地元では「冬妻ほたる」と呼ばれ親しまれている。

 岩室温泉観光協会によると、ピーク時は約1千匹のホタルが真っ暗な杉木立の上まで乱舞し、クリスマスツリーのような光景を見られるという。地元のボランティアでつくる「岩室ほたるの会」がホタルの保護育成に努めてきた成果だ。

 江戸時代中期に開かれ300年の歴史を誇る同温泉は、越後国一の宮・弥彦神社への参拝客でにぎわってきた。現在も老舗旅館が立ち並ぶ風情ある温泉街。6月16日から7月8日まで「冬妻ほたる祭り」が開催され、宿泊客はホタルの観賞地まで無料送迎バスを利用できる。ホタルの光や温泉を堪能する〝癒やしの旅〟はいかが。

 ▽7月10日に将棋タイトル戦「ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」の第4局が同温泉の老舗旅館「高島屋」で開催される。羽生善治棋聖ら棋士と交流できる観戦宿泊プランも実施予定(第3局で決着した場合、ツアーは中止)。問い合わせは、サンケイツアーズ(電)0570・00・8250。またはWEB「産経たびぶ」

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

「ライフ」のランキング