産経ニュース

【千葉・9歳女児殺害】黒のジャージー姿で入廷 渋谷恭正被告「検察側主張は架空で捏造」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【千葉・9歳女児殺害】
黒のジャージー姿で入廷 渋谷恭正被告「検察側主張は架空で捏造」

 渋谷恭正被告  渋谷恭正被告

 刑務官に手を引かれ、一歩ずつゆっくり歩きながら入廷した渋谷恭正被告は昨年5月の送検時に比べ、少しふっくらしたように見えた。黒のジャージーにグレーの迷彩柄のズボン姿。髪の毛は伸びきり、白髪混じりで、歩くのがおぼつかないようにも見えたが、野原俊郎裁判長から名前を聞かれると、まっすぐ前を見て、早口で「渋谷恭正です」と答えた。

 生年月日や本籍地もすらすらと答えた渋谷被告。罪状認否では黙秘や供述拒否を続けた捜査段階から態度を一変させ、「全て違います」ときっぱりした口調で無罪を主張した。

 「検察側の主張は架空で捏造(ねつぞう)されたもの」「私はこの事件には一切関与していない。私の子供の目の前で逮捕状も提示されず、強制的に身柄を拘束された。無実無罪を主張しています」

 起訴内容を全面的に否認し、証言台を降りた後は、検察側が冒頭陳述を読み上げるのを被告席でときおり目を閉じながらぼんやりと聞いていた渋谷被告。検察側の証拠調べの際にはリンさんの生前の笑顔の写真などが法廷内のスクリーンに映し出されたが、表情を変えることはほとんどなかった。(橘川玲奈)

「ライフ」のランキング