産経ニュース

【科学】シャコガイに台風の痕跡 北大など発見 化石から将来予測も

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【科学】
シャコガイに台風の痕跡 北大など発見 化石から将来予測も

シャコガイ(渡辺剛北海道大講師提供) シャコガイ(渡辺剛北海道大講師提供)

 大型の二枚貝「シャコガイ」の殻から過去の台風の到来時期や規模が1日単位で分かることを、北海道大や東京大などのチームが発見した。化石を調べれば、地球温暖化に伴う台風の予測に役立つ可能性がある。米科学誌に発表した。

 熱帯や亜熱帯に生息するシャコガイは、体内に共生する藻類の光合成でできる栄養を取り込み成長する。この影響で毎日、殻に樹木の年輪のようなしま模様ができる。台風が到来すると海水が濁って成長が鈍るため、しま模様の間隔が狭まり、殻に含まれる物質の化学組成も変化する。

 チームは日本最南端の沖ノ鳥島(東京)近海でシャコガイを採取。2003年11月から約2年半にできたしま模様の間隔や殻の組成の変化から、台風の痕跡を調べた。分析結果は台風が実際に到来した日とよく一致し、およその勢力も把握できた。

 チームは地球が現在より温暖だった約1千万年前の化石の分析も始めている。渡辺剛北大講師(地球環境科学)は「温暖な時代の台風を理解すれば、将来の気候を予測する有力な手掛かりになる」としている。(草下健夫)

「ライフ」のランキング