産経ニュース

【万象】画像化で太陽の癖を見抜く

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【万象】
画像化で太陽の癖を見抜く

太陽の癖を見抜く(堀田英之・千葉大特任助教提供) 太陽の癖を見抜く(堀田英之・千葉大特任助教提供)

 太陽の内部では、電気を帯びて激しく運動するプラズマという状態の水素やヘリウムが対流し磁場が生じる。表面に磁場の出入り口となる黒点ができ、多いほど磁場エネルギーが爆発的に解放されるフレアという現象が頻繁に発生。大規模な場合は地球で通信機器障害が起きる。

 黒点は11年周期で増減するが、仕組みは謎。太陽内部は観測が困難なことから、模擬解析で解明に挑んだ。明るいオレンジ色は表面へ上昇するプラズマ、暗い領域は下降部分だ。膨大な計算で小さな乱流まで高精度に表現し、そこから10年程度の周期性の再現に成功した。将来はフレア予報が実現するかもしれない。(壽)

「ライフ」のランキング