産経ニュース

CO2濃度が過去最高に 「歯止めかからず」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


CO2濃度が過去最高に 「歯止めかからず」

 気象庁は31日、大気中の二酸化炭素(CO2)濃度の平成29年の平均値が、国内の観測地点3カ所でいずれも過去最高になったと発表した。CO2は地球温暖化の原因とされ、担当者は「増加傾向に歯止めがかかっていない」としている。

 気象庁によると、3カ所は岩手県大船渡市、小笠原諸島の南鳥島、沖縄県の与那国島。29年の年平均値は407・7~409・5ppmで、前年比は2・0~2・8ppm増。

 気象庁では昭和62年から岩手県大船渡市で計測を始め、その際は351・4ppmだった。濃度は各地点で年々増加している。

 CO2の増加は化石燃料の燃焼など人間活動が主な原因。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、産業革命以降の気温上昇を地球平均で2度以内にするには、平成112(2100)年時点でCO2濃度を約420ppmにすることが必要としている。

「ライフ」のランキング