産経ニュース

【話の肖像画】スポーツキャスター・女優 大林素子(4)クビにした会社に「感謝」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
スポーツキャスター・女優 大林素子(4)クビにした会社に「感謝」

日本代表の中田久美監督(右)と=今年4月、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(中井誠撮影) 日本代表の中田久美監督(右)と=今年4月、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(中井誠撮影)

 今じゃ(クビにした)会社に感謝しています。解説者になってから私がチームに近づいていくと、向こうの方が気まずかったみたい。(会社の偉い人が)コソコソといなくなったこともありましたから。

 〈日本の女子バレーは、1964年の東京五輪で金、68年のメキシコ五輪、72年のミュンヘンは銀、76年のモントリオール五輪は金、と世界のトップを常に争っていた〉

 日本チームが昔ほど勝てなくなった理由ですか? バレーをやる国が増えた、日本人が教えに行ってレベルがアップした、(欧米に有利なように)ルールが変わった…いくつも理由が挙げられますが、ルールのせいだけにはできないでしょう…簡単には語れませんね。

 〈2012年のロンドン五輪では久々の銅メダルに輝き、16年のリオ五輪は5位。昨年、新しい代表監督に、かつて同僚だった中田久美さん(52)が就任した〉

 頑張っていますよ。ただ、ちょうどロンドンで銅メダルをとった主力選手たちが引退し、世代交代の時期を迎えている。けが人も出て今が一番苦しい時期だと思います。でも、今年くらいから「中田バレー」の形が出てくると期待しているんです。

 久美さんは、根っからの勝負師ですよ。選手たちにも、久美さんと同じくらい勝負にかける人生や覚悟をもってほしい。今は、久美さんが一番「思いが強い」ように見えますから。

 監督をやってみたいか、ですって? 全くありません、一ミリもない。引退したその日から現場に取材へ行って「伝える」のが私の役目です。(聞き手 喜多由浩)

「ライフ」のランキング