産経ニュース

鎌倉の「旧華頂宮邸」 ドラマロケで引っ張りだこ 放送中の2ドラマで使用 ディーンさん“出世”も話題に

ライフ ライフ

記事詳細

更新


鎌倉の「旧華頂宮邸」 ドラマロケで引っ張りだこ 放送中の2ドラマで使用 ディーンさん“出世”も話題に

フランス式庭園側から見た旧華頂宮邸=鎌倉市(浅上あゆみ撮影) フランス式庭園側から見た旧華頂宮邸=鎌倉市(浅上あゆみ撮影)

 神奈川県鎌倉市浄明寺に「旧華頂宮邸」という皇族にゆかりのある邸宅が残されている。この旧華頂宮邸が現在放送中の2本のテレビドラマでロケに使用され、インターネット上などで話題となっている。平成28年にも人気ドラマで使用されており、ドラマ制作の現場で“引っ張りだこ”となっている現状について、邸宅を管理する市では「撮影に適した(歴史や雰囲気のある)邸宅が東京都内にはあまりないうえ、鎌倉が東京から近くロケに便利だという立地条件が背景にあるようです」と話している。

 旧華頂宮邸が“登場”する現在放送中のドラマは、フジテレビ系列の「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐(ふくしゅう)-」とテレビ東京系列の「執事 西園寺の名推理」。前者は歌手で俳優のディーン・フジオカさんが主役を務め、主題歌も歌う作品で、「巌窟(がんくつ)王」の名で知られるフランスの小説「モンテ・クリスト伯」を原作にした復讐劇だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 鎌倉の「旧華頂宮邸」 ドラマロケで引っ張りだこ 放送中の2ドラマで使用 ディーンさん“出世”も話題に
  • 鎌倉の「旧華頂宮邸」 ドラマロケで引っ張りだこ 放送中の2ドラマで使用 ディーンさん“出世”も話題に
  • 鎌倉の「旧華頂宮邸」 ドラマロケで引っ張りだこ 放送中の2ドラマで使用 ディーンさん“出世”も話題に

「ライフ」のランキング