産経ニュース

【話の肖像画】スポーツキャスター・女優 大林素子(3)大河ドラマでギャフンと言わせたい

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
スポーツキャスター・女優 大林素子(3)大河ドラマでギャフンと言わせたい

「MOTHER~特攻の母 鳥濱トメ物語~」の公開げいこ=平成24年、東京・新国立劇場 「MOTHER~特攻の母 鳥濱トメ物語~」の公開げいこ=平成24年、東京・新国立劇場

 〈舞台「MOTHER~特攻の母 鳥濱トメ物語~」は、前の大戦で鹿児島・知覧の基地から飛び立った特攻隊員と食堂の女主人、トメさんとの交流を実際の遺書をもとに描いた物語だ。平成21年の初演から主演のトメさん役を務め、今年で10年目のロングラン。ライフワークというべき大事な作品となっている〉

 私は歴史大好きの“歴女(れきじょ)”。この舞台の脚本・演出を務める藤森一朗さんも歴史に詳しくて、一緒に取材をして現地に何度も行って「MOTHER」をつくったんです。今年で戦後、73年。戦争はどんどん風化が進み、特攻隊員の生き残りの方も少なくなっています。私たちにできることは何なのか。

 当たり前のように感じている今の平和な日本がホントはどれだけありがたいことか。それは命をなげうった人たちの尊い犠牲の上に成り立っているんだ、って。その名前、声、思い、季節感…それを舞台を通じて、後世に残したい、若い人たちに伝えたいんですよ。とにかく、できるだけたくさんの人たちに知ってもらいたい、足を運んでほしい。

 そのためにも私がもっともっと「女優」として有名にならなきゃって思うんですよ。“戦争もの”の「色」がついたって構わない。というか、芝居で注目されるのならば、どんな色だってついた方がいい。例えば“脱ぐ話”は来てませんが(苦笑)、アピールできて出られるのならば、手段は問わない。芝居にはそれくらいの覚悟はあるつもりです。

 〈歴史が大好きなこともあって、NHKの大河ドラマにはぜひ出てみたいという〉

続きを読む

「ライフ」のランキング