産経ニュース

西城秀樹さんが闘った脳梗塞 「前触れ」あればすぐ診断、治療を

ライフ ライフ

記事詳細

更新


西城秀樹さんが闘った脳梗塞 「前触れ」あればすぐ診断、治療を

脳梗塞の初期症状 脳梗塞の初期症状

 5月16日に急性心不全のため63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さん。その生涯で2度の脳梗塞に襲われ、入院とリハビリを繰り返しながら歌い続けた。命が助かったとしても、体のまひなど重い障害を残す脳梗塞。どんな病気なのだろうか。山王病院・山王メディカルセンター(東京都港区)の内山真一郎・脳血管センター長に聞いた。

脳卒中の4分の3

 西城さんは、平成15年と23年に脳梗塞を発症した。懸命にリハビリに取り組んでいたが、右半身にまひが残っていたという。

 脳の血管障害によって起こる病気を総称して「脳卒中」というが、そのなかでも脳の血管が詰まるのが「脳梗塞」だ。酸素や栄養が届かなくなることで脳細胞が壊死(えし)してしまい、手足のまひや言語障害などさまざまな症状が出る。以下に大別されている。

 (1)脳の深い部分に血液を供給している細い血管が詰まることによって起こる、直径15ミリ以下の小さな「ラクナ梗塞」

 (2)動脈硬化で狭くなった頸動脈や脳の太い動脈に血栓ができる「アテローム血栓性脳梗塞」

 (3)心臓にできた血栓が脳まで運ばれ、太い血管を詰まらせる「心原性脳塞栓(そくせん)症」

続きを読む

このニュースの写真

  • 西城秀樹さんが闘った脳梗塞 「前触れ」あればすぐ診断、治療を

「ライフ」のランキング