産経ニュース

【将棋・叡王戦】第4局 高見泰地六段が4連勝で初タイトル 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【将棋・叡王戦】
第4局 高見泰地六段が4連勝で初タイトル 

将棋の第3期叡王戦決勝7番勝負の第4局で、金井恒太六段(手前)を破り、4連勝で初タイトルとなる叡王を獲得した高見泰地六段=26日午後、群馬県富岡市 将棋の第3期叡王戦決勝7番勝負の第4局で、金井恒太六段(手前)を破り、4連勝で初タイトルとなる叡王を獲得した高見泰地六段=26日午後、群馬県富岡市

 今期からタイトル戦に昇格した将棋の第3期叡王戦決勝七番勝負(ドワンゴ主催)の第4局が26日、群馬県富岡市の富岡製糸場で指され、先手の高見泰地六段(24)が147手で金井恒太六段(32)に勝ち、4連勝で初タイトルとなる叡王を獲得した。

 高見新叡王は横浜市出身。石田和雄九段門下で、平成23年にプロ入り。タイトル戦初登場で初タイトルを獲得、規定により26日付で七段に昇段した。

 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。

⇒アンケートはこちらから

このニュースの写真

  • 第4局 高見泰地六段が4連勝で初タイトル 

「ライフ」のランキング