産経ニュース

【ゆうゆうLife】家族がいてもいなくても(547) 終の棲家探しの旅人として

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
家族がいてもいなくても(547) 終の棲家探しの旅人として

 那須では芽吹きの時を過ぎ、周りの緑がどんどん豊かさを増していく。今や70戸の木の家々がすっぽりと美しい木々の緑に包まれている。

 時折、コミュニティーのメインストリートの坂の途中に立ち、「思えば、ここはなんて不思議な場所かしら。これまで見たことのないワンダーランドの中にいるみたい」との感慨にとらわれ、しばし呆然(ぼうぜん)と立ち尽くしてしまったりしている私だ。

 遠くには、那須の山々が連なり、日々その姿を変えている。ほんの数カ月までは思いもしなかったところへ来て、いつのまにか、その風景に溶け込むようにして暮らしている自分が、しみじみと不思議に思われる。

 ともあれ、毎日毎日、新たな人たちと新たな出会いを繰り返している。聞けば、「住んで5年になるけれど、名前も顔も知らないし、お話ししたことのない方もいるのよ」という方もいて、びっくりする。となれば、この新たな出会いは、かなり延々と続くことになるらしい。

 そもそも、このコミュニティーに暮らしているのは、地元の栃木やお隣の福島の方たちばかりではない。九州から、神戸から、東京から、東北から、北海道から、実にさまざまな場所からやってきた人たちが共に暮らす場だ。

続きを読む

「ライフ」のランキング