産経ニュース

7原発12基で換気ダクトに腐食・穴 東電「最終的に交換」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


7原発12基で換気ダクトに腐食・穴 東電「最終的に交換」

東京電力柏崎刈羽原発3号機の中央制御室空調換気系ダクトに見つかった腐食(原子力規制委提供) 東京電力柏崎刈羽原発3号機の中央制御室空調換気系ダクトに見つかった腐食(原子力規制委提供)

 原子力規制委員会は23日、全国の7原発12基で中央制御室の換気用ダクトに腐食や穴が見つかったとする調査結果を公表した。このうち、東京電力柏崎刈羽原発3号機(新潟県)では最も大きい縦約13センチ、横約5センチの亀裂が見つかった。穴があると事故時に放射性物質が制御室に流入し、運転員が被曝する恐れがある。東電は「既に応急措置で穴をふさいでおり、最終的にはダクトを交換する」としている。

 平成28年12月に島根原発2号機で腐食による穴が見つかったことを受け、規制委が全国の原発などに調査を指示していた。腐食や穴が確認されたのは、東北電力女川3号機(宮城県)▽日本原子力発電東海第2(茨城県)▽東電の福島第1の6号機と柏崎刈羽3、4、6、7号機▽中部電力浜岡3~5号機(静岡県)▽北陸電力志賀1号機(石川県)▽中国電力島根1号機(松江市)-で、いずれも運転はしていない。

 腐食がなかった原発は吸気口にフィルターなどが備えられており、規制委は今後、事業者の対策を確認する。更田豊志委員長は23日の定例会見で「小さな穴なら、事故時の被曝量で有意な影響はない」と述べた。

このニュースの写真

  • 7原発12基で換気ダクトに腐食・穴 東電「最終的に交換」
  • 7原発12基で換気ダクトに腐食・穴 東電「最終的に交換」

「ライフ」のランキング