産経ニュース

登山家の栗城史多さん死亡 エベレスト登山中

ライフ ライフ

記事詳細

更新


登山家の栗城史多さん死亡 エベレスト登山中

登山家の栗城史多さん(大山実撮影) 登山家の栗城史多さん(大山実撮影)

 【ニューデリー=森浩】世界最高峰エベレスト(8848メートル)登頂を目指していた登山家の栗城(くりき)史多(のぶかず)さん(35)=北海道今金町出身=が21日、遺体で発見された。栗城さんの所属事務所が発表した。在ネパール日本大使館も死亡の事実を確認した。

 ネパール山岳関係者によると、登頂を断念し、下山途中で死亡したとみられるという。死因など詳しい状況は不明。

 事務所によると、栗城さんは2004年の北米デナリ(旧称マッキンリー)を皮切りに6大陸の最高峰を制覇した。09年からエベレスト登頂に挑戦。「無酸素」「単独」での登頂を目指しており、今回は8度目の挑戦だった。12年の挑戦では、凍傷で手の指9本の大部分を失った。

 自身のフェイスブックによると、栗城さんは12日にエベレストのベースキャンプを出発。「苦しみも困難も感じ、感謝しながら、登ってます」と伝えた後の21日、「体調が悪く、7400メートル地点から下山することになりました」と報告していた。

 事務所や山岳関係者によると、栗城さんは下山中に無線に反応しなくなり、捜索隊が21日、遺体を発見した。

「ライフ」のランキング