産経ニュース

【話の肖像画】ミュージシャン・小室等(3)「出発の歌」大ヒット、音楽番組に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
ミュージシャン・小室等(3)「出発の歌」大ヒット、音楽番組に

 〈高校を卒業するとき、合唱部内で結成したフォークグループは解散。多摩美術大学彫刻学科に進学したが、止まっていた運命の歯車が再び動き出す〉

 大学時代、ラジオで流れてきた米国フォークグループ「ピーター・ポール&マリー(PPM)」の洗練された都会的な調べに感銘を受けた。高校時代の同級生だった小林雄二らと組んでPPMの曲を歌うようになりました。

 〈多摩美大では戦後日本の抽象彫刻界の立役者で、文化功労者にも選ばれた彫刻学科の建畠覚造(たてはた・かくぞう)さんに出会う〉

 僕は不真面目で、友人に手伝ってもらった作品を提出することもあった。すると、建畠先生は他の生徒の作品は時間をかけてみているのに、僕の作品には一瞥(いちべつ)もくれない。僕は思わず、建畠先生を呼び止めて「僕には彫刻の良しあしが分からない。どうして分からないんでしょうか」と聞いたんです。そうしたら、建畠先生は「一途(いちず)に表現したいと思って作品を作れば、技術や構図、才能にかかわらず、人を感動させることができるんだ」とおっしゃった。要するに私はそこまでやっていない、と見抜かれた。

 その言葉を聞いたとき、自分は音楽を本気でやろうと思ったんです。一途に音楽をやれば僕でも人を感動させることができるんじゃないか、と。

 〈1960年代にフォークブームが到来し、小林さんらと結成したフォークグループ「PPMフォロワーズ」名義で昭和42年にアルバムを発表。その後、小林さんらと音楽ユニット「六文銭」を結成した〉

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング