産経ニュース

【教育動向】自己肯定感、少し高まった?日本の高校生

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
自己肯定感、少し高まった?日本の高校生

 社会がますます複雑化・高度化する一方、少子高齢化が進むなかでは、一人ひとりの子どもに意欲を持って活躍できるような資質・能力を付けてあげることが、ますます求められます。しかし、その際にブレーキとなりそうなのが、自己肯定感の低さです。

 控えめなのは日本人の特性ともいえますが、グローバル化の進展で言葉や文化の違う人々と一緒に仕事や生活をしていくには、物おじせずに接する積極的な姿勢も必要です。

日本の子どもの自己肯定感は今、どうなっているのでしょう。

米中韓と比べれば低いまま

 独立行政法人国立青少年教育振興機構は、日本・米国・中国・韓国の4か国で、高校生を対象とした国際比較調査を行っています。

 2017年の結果を見ると、「私は価値のある人間だと思う」と回答したのは、日本が44.9%で、他の3か国の80.2~83.8%を大きく下回っています。他の項目でも、▽「私は人とうまく協力できるほうだと思う」各71.0%、87.1~89.5%▽「私は辛いことがあっても乗り越えられると思う」各68.7%、80.4~89.8%▽「私は怒った時や興奮している時でも自分をコントロールできるほうだ」各63.6%、74.3~82.4%▽「私は努力すれば大体のことができると思う」各60.5%、78.3~86.1%▽「私はいまの自分に満足している」各41.5%、62.2~75.6%▽「体力に自信がある」各37.9%、51.6~72.5%…と、国際的には依然として低いままです。

続きを読む

「ライフ」のランキング