産経ニュース

【100歳時代プロジェクト】「仕事に追われて」元気に 京大元総長・井村裕夫氏 87歳、第一線で活躍

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【100歳時代プロジェクト】
「仕事に追われて」元気に 京大元総長・井村裕夫氏 87歳、第一線で活躍

「低体重で生まれた人は注意を」と語る井村裕夫京大元総長 =京都市下京区の稲盛財団 「低体重で生まれた人は注意を」と語る井村裕夫京大元総長 =京都市下京区の稲盛財団

 京都大元総長の井村裕夫氏は87歳の現在も、稲盛財団(京都市)の会長を務める傍ら、病気の超早期診断で健康を維持する「先制医療」の必要性を社会に訴えるなど、多忙な日々を送る。100歳時代にふさわしい元気な生き方の源泉は「仕事に追われていること」だと断言する。専門の医学的な見地も踏まえ、自らの健康長寿を分析し、他の高齢者にも参考となるアドバイスをもらった。(山本雅人)

 ◆60歳の転機

 「定年にあたる年齢から予期せぬ新たな仕事が始まった」という井村氏。ストレスによるホルモン放出が体の状況をどう変えるかのメカニズムを解明するなどの業績を挙げ、日本学士院会員にも就任、世界的な医学者の道を歩んでいた。

 転機は平成3年、60歳の時だ。「立候補も推薦もなく、各教官が、ふさわしいと思う教授の名前を紙に書く」という当時の京都大の独特の選挙システムにより、突如、第22代総長に選ばれた。研究をやめ大学運営に奔走、さらには国立大学協会会長として高等教育の大きな責任を担う立場に。

続きを読む

「ライフ」のランキング