産経ニュース

【話の肖像画】ミュージシャン・小室等(1)谷川俊太郎と歌作りの旅へ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
ミュージシャン・小室等(1)谷川俊太郎と歌作りの旅へ

(飯田英男撮影) (飯田英男撮影)

 〈公開中のドキュメンタリー映画「獄友(ごくとも)」(金聖雄(キム・ソンウン)監督)の主題歌「真実・事実・現実 あることないこと」の作曲を担当した〉

 冤罪(えんざい)の実態を訴えた映画なのですが、金監督から(アフリカ飢餓救済のため米国の著名歌手らが参加した)「ウィ・アー・ザ・ワールド」みたいな曲で応援できないかと相談されて…。そんなの不可能だと思いましたが、呼びかけたところ、多くの仲間たちが集まってくれたんです。

 僕が作曲した主題歌「真実・事実・現実 あることないこと」では、(音楽ユニットである)「六文銭」のメンバーの及川恒平や四角(よすみ)佳子、ピアニストの谷川賢作さん、サックス奏者の坂田明さんなど多くの仲間が集まった。3月に発売された同名タイトルのアルバムにも20人以上が参加してくれたんです。うれしかったですね。

 〈主題歌の作詞を手掛けたのは、日本を代表する詩人、谷川俊太郎さんだ〉

 俊太郎さんとのつきあいは古く、約半世紀になります。当時、僕は歌作りを始めた頃でしたが、歌詞が作れずに悩んでいた。すると、知り合いの詩人、茨木のり子さんから「それなら、谷川俊太郎さんの詩を読みなさい」と勧められました。それで俊太郎さんの詩集を読んで、「あげます」という作品に大きな衝撃を受けたんです。

 〈「あげます」は、りんごをかじったり、1人で歌ったりする「私」の唇の様子を描く。その唇を「あなた」に初めてささげるという内容だ〉

 たわいない内容なのに、含みのある言葉を多用し、想像力をかき立てられる。リズム感があり、読み始めたら曲が自然に脳裏に浮かんできました。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング