産経ニュース

おきて破り!? 大河ドラマはなぜ明智光秀を選んだか 本郷和人・東大教授が読み解く人選の理由

ライフ ライフ

記事詳細

更新


おきて破り!? 大河ドラマはなぜ明智光秀を選んだか 本郷和人・東大教授が読み解く人選の理由

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」主演発表会見で主人公の戦国武将、明智光秀役を演じると発表された俳優の長谷川博己さん(蔵賢斗撮影) NHK大河ドラマ「麒麟がくる」主演発表会見で主人公の戦国武将、明智光秀役を演じると発表された俳優の長谷川博己さん(蔵賢斗撮影)

 戦国武将の明智光秀が主人公に決まった平成32(2020)年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」。主君の織田信長を本能寺の変で討った“謀反人”というイメージが強い光秀を主役に据えた意外性が歴史ファンの間で話題になっているが、専門家はどう見るのか。本紙連載「本郷和人の日本史ナナメ読み」でおなじみ、本郷和人・東大史料編纂所教授に意見を聞いた。

浮気しない男、光秀

 24年の大河ドラマ「平清盛」で時代考証を担当し、大河ドラマ制作の実情にも詳しい本郷教授。今回の光秀を主人公にした「麒麟がくる」については、「第一印象として感じたのはふたつあって、ひとつはやはり一夫一婦制の人が選ばれたか、ということ。NHK大河ドラマの大法則は動かなかったな、という感想ですね」と語る。

 戦国時代、多くの武将は正室の他に側室を持つ“一夫多妻”状態だった。対して現代の視聴者、特に女性の共感を得やすい一夫一婦を貫いたことで知られるのは山内一豊、直江兼続、黒田官兵衛、立花宗茂、島津義弘、それに石田三成あたりで、さほど多くはない。これら愛妻家武将のうち、最初の3人が近年相次いで大河ドラマ化されたのは、偶然ではないというのが本郷教授の見立てだ。

 「光秀も奥さんは1人。すると夫婦の物語が作りやすい。やはりホームドラマを作ろうとしたとき、愛人がいっぱい出てくるような人は困るでしょう」

続きを読む

このニュースの写真

  • おきて破り!? 大河ドラマはなぜ明智光秀を選んだか 本郷和人・東大教授が読み解く人選の理由
  • おきて破り!? 大河ドラマはなぜ明智光秀を選んだか 本郷和人・東大教授が読み解く人選の理由

「ライフ」のランキング