産経ニュース

【教育動向】幼稚園施設、大人も交流できる場に 整備指針を改訂

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
幼稚園施設、大人も交流できる場に 整備指針を改訂

 幼稚園の授業は4月から、小学校などの新学習指導要領に先立って、新教育要領に基づいて行われています。これに合わせて文部科学省は3月、幼稚園施設整備指針を改訂しました。

 子どもの資質・能力を引き出すような環境整備を充実させた他、保護者はもとより地域住民も含め、幼児教育や子育てに関わる大人たちにとっても学び合い、支え合い、交流できる心地よい環境にすることを求めています。

自然と触れ合える環境整備も

 「環境を通して行う」のが、幼稚園教育の基本です。ここで言う「環境」とは、自然、動植物、物や遊具、文化や伝統など、さまざまなものを含んでいます。遊びを通して幼児自らが主体的に活動することで、自ら気付き、学んでいくものです。先生の役割も、小学校のように先生が前に立って授業をするというより、計画的に環境を整え、遊びを通して幼児の力を引き出すように指導することが重要です。

 一方、教育要領の改訂では、小・中・高と同様の資質・能力を育成することにしていますが、幼児期にふさわしいよう、(1)知識・技能の基礎(2)思考力・判断力・表現力等の基礎(3)学びに向かう力・人間性等…と、(1)(2)に「基礎」を付けています。

そのために、5歳児修了時までに育ってほしい「10の姿」(「健康な心と体」「自立心」「協同性」「道徳性・規範意識の芽生え」「社会生活との関わり」「思考力の芽生え」「自然との関わり・生命尊重」「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」「言葉による伝え合い」「豊かな感性と表現」)も明確にしました。

続きを読む

「ライフ」のランキング