産経ニュース

【書評】作家・畑中章宏氏が読む『ジェンダー写真論 1991-2017』(笠原美智子著) 問題意識は色あせない

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
作家・畑中章宏氏が読む『ジェンダー写真論 1991-2017』(笠原美智子著) 問題意識は色あせない

『ジェンダー写真論 1991-2017』笠原美智子著(里山社・2700円+税) 『ジェンダー写真論 1991-2017』笠原美智子著(里山社・2700円+税)

 日本に写真批評の歴史はあるのだろうか。写真家の言葉や写真集の内容をわかりやすく紹介することは、頻繁に行われてきた。一方で、写真家たちが書く文章には、内在的かつ批評的なものは少なくなかった。しかし、「表現」としての写真を、批評家が確固とした立脚点から論じることが、しっかりと根づいているとはいえないだろう。

 東京都写真美術館、東京都現代美術館の学芸員を務めてきた笠原は、フェミニズムやジェンダーの視点から、現代写真に対して問題提起を行ってきた批評家である。

 「私という未知へ向かって」「ジェンダー 記憶の淵(ふち)から」「ラヴズ・ボディ」など、笠原が1990年代に企画した展覧会をめぐる論考は、20年以上たった現在も精彩を放つ。その問題意識が色あせていないからだ。

 〈現代女性写真家は、女性の身体のモノ化に集約される既存の写真のあり方に、初めはその違和感に居心地の悪さを覚え、そして次第にあまりのギャップに愕然(がくぜん)とする〉。こうした違和感は、笠原が写真、アート、社会に対して現在も持続的に抱いている感覚にほかならない。

続きを読む

「ライフ」のランキング