産経ニュース

【書評】遊園地「星が丘ハイランド」に集う人々の人生模様 『廃園日和』行成薫著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
遊園地「星が丘ハイランド」に集う人々の人生模様 『廃園日和』行成薫著

『廃園日和』 『廃園日和』

 開園から30年で廃園が決まり、最後の営業日となった遊園地「星が丘ハイランド」に集う人々の人生模様を描いた連作短編集。

 中1のときの「ブス」発言で疎遠となっていた2人を含む中2男女4人のダブルデートグループ、離婚した元妻が親権を持つ息子と1カ月ぶりに会う父親、開園日以来の訪問となった高齢夫婦…。これらの人名を冠した短編6編と交互に、「さよなら遊園地」と題した短編6編で遊園地で働く人々の最後の一日が進行していく。

 読み進むにつれ登場人物は少しずつ交差。ラストで閉園日夜のそれぞれの思いが描かれ、読み応え十分だ。(講談社・1600円+税)

「ライフ」のランキング