産経ニュース

【話の肖像画】野球解説者・佐々木信也(5)転機での選択、正解だった

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
野球解説者・佐々木信也(5)転機での選択、正解だった

佐々木信也さん(飯田英男撮影) 佐々木信也さん(飯田英男撮影)

 〈12年間務めた「プロ野球ニュース」のメインキャスターを昭和63年3月で降板。平成13年4月からはCS放送へ移った同番組のキャスターを8年間担当した〉

 地上波のプロ野球ニュースが始まったとき、私は42歳。最低15年は続けたい。20年は楽にできると思いました。辞めたときは54歳。頭も体もまだ絶好調でしたが、「佐々木さんで何の不足もありませんが、このままでは若い人が育たない」と言われ、「その通りかもしれない」と考えました。

 プロ野球ニュースをやっていたころ、大阪のラジオ番組に出演したときに西本幸雄さんをゲストに招いた。プロ野球ニュースの解説者の一人でしたが、大毎オリオンズ(現ロッテ)の監督として5人の内野手の中から私一人を戦力外とした張本人でもある。生放送の番組の中で「今まで黙っていましたが、なぜクビを切られたのが私だったのですか」と問い詰めると、西本さんは「お前が一番食いっぱぐれがなさそうだったからや」と。

 「ごめん、ごめん」「悪かった、悪かった」と西本さんは番組で平謝り。私は「今ごろ遅いですよ。26歳でプロ野球をクビになった挫折感といったら…」と終始かみついた。ラジオを聞いていた人はおもしろかったんじゃないかな。20年以上、胸につかえていたものをここぞとばかりにはき出したので、まあまあすっきりしました。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング