産経ニュース

大けがで失った耳を腕で再建 米陸軍が初の手術

ライフ ライフ

記事詳細

更新


大けがで失った耳を腕で再建 米陸軍が初の手術

失った耳を腕で育成し、移植する手術に成功(米陸軍提供) 失った耳を腕で育成し、移植する手術に成功(米陸軍提供)

 米ウィリアム・ボーモント陸軍医療センター(テキサス州フォートブリス)は、交通事故で左耳を失った女性兵士の耳たぶを腕で育成して移植する手術に成功した。米陸軍がサイトで明らかにした。耳をまるごと再建する手術は米陸軍では初の例。本人の肋骨の軟骨を摘出し、耳の形に彫刻し、腕の皮下で皮膚が積層するまで育成した。

 患者の女性兵士は、19歳だった2016年、ミシシッピ州の家族の元からフォートブリス基地に自動車で戻る途中にタイヤがパンクして数回ひっくり返り、放り出された彼女は瀕死の状態だったという。なんとか命を取りとめたものの頭部の傷はひどく、左の耳の穴がふさがっている状態だった。

 現在21歳の彼女は「最初は乗り気でなかったが、最終的にはどこまでできるかみたいと思うようになった」とコメントしている。皮膚下では、軟骨の周りに皮膚や必要な血管が再生され、できた耳たぶを移植する際に外耳道を開けることができ、聴覚がよみがえったという。(WEB編集チーム 原田成樹)

関連ニュース

「ライフ」のランキング