産経ニュース

何をどこまで? 中学生に避妊教える性教育は適切か 東京都内の授業めぐり議論

ライフ ライフ

記事詳細

更新


何をどこまで? 中学生に避妊教える性教育は適切か 東京都内の授業めぐり議論

東京都足立区立中の性教育で事前に行われたアンケート結果 東京都足立区立中の性教育で事前に行われたアンケート結果

 東京都足立区立中学校で行われた性教育が都議会で「不適切だ」と指摘されたことをめぐり、学校での性教育の在り方が議論されている。都教育委員会は、学習指導要領を超えて避妊や人工妊娠中絶に言及した内容を問題視し「性交渉を助長する可能性がある」と指摘するが、現場からは「正確な情報は行動を慎重にする」との声が挙がる。学校では何をどこまで教えるべきなのか。(社会部 高橋裕子)

避妊や中絶を具体的に 

 「生徒や保護者の多様性に配慮し、現場は萎縮せず積極的に行ってほしい」「時代に合わせてというが、時代を先取りして教えるのがベストなのか」

 授業の経緯が報告され、教育委員が意見を述べた4月26日の都教委定例会。今後の対応方針として、学習指導要領を超える内容を扱う場合、保護者の了解を得た生徒を対象に個別やグループで指導を行うことが確認された。

 足立区教委によると、授業は3月、3年生の総合的な学習の時間に「自分の性行動を考える」と題し、人権教育の一環として実施。アンケートでは、避妊方法として、「コンドームをつける」「膣外射精をする」などが正しいと思うかをきいた。

 授業では「高校生の性交渉は許されるか」などについて数人の生徒が意見を述べ、養護教諭らが避妊や人工妊娠中絶に関する正しい知識について説明。妊娠を避けるには「性交渉をしないことが一番確実」とした上で、コンドームや低用量ピル、緊急避妊薬の特徴や使い方、入手方法を明記した資料も配布した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 何をどこまで? 中学生に避妊教える性教育は適切か 東京都内の授業めぐり議論
  • 何をどこまで? 中学生に避妊教える性教育は適切か 東京都内の授業めぐり議論

「ライフ」のランキング