産経ニュース

【話の肖像画】野球解説者・佐々木信也(2)母親孝行のためプロ野球へ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
野球解説者・佐々木信也(2)母親孝行のためプロ野球へ

 〈昭和27年、慶応大野球部へ。2年生の春からショートとしてリーグ戦に出場するが、秋には阪井盛一監督からセカンドへの転向を勧められた〉

 私は「ショートをやらせてほしい」と監督へ抗議したけれど、セカンドへ回って結果的に良かったのかもしれません。ショートより余裕ができるので全体の守備位置を確認し、「もっと右に寄れ」といった指示も出す、守りの“監督”になれたから。

 4年生では主将になりましたが、当時はしゃべるのが大の苦手。春の早慶戦を前に、野球部の同期で寄席(東京・人形町末広亭)の息子だった石原仲晃が「緊張をほぐすため、みんなで落語を聞いてみてはどうか」と提案してくれた。日吉(神奈川県)の合宿所へ来ていただいたのは、三代目桂三木助さん。噺(はなし)が本当におもしろくて、それから落語にはまりました。秋のシーズン中には、三木助さんが「ちょっと若いのを連れてきたよ」と合宿所へ。それが小さん師匠(五代目柳家小さん)。後の人間国宝になられた方でした。プロ野球を引退後、解説者として話すのが仕事になりましたが、一番の先生は落語家だった。しゃべりがうまくておもしろいから。

 大学を卒業後は、社会人野球でプレーするつもりだった。20社ぐらいから誘いを受け、いったんは北海道の東洋高圧(砂川市)に就職を決めました。

 ところが、プロ野球の高橋ユニオンズの訪問を受けた母(静子さん)に「話を一度聞いてごらん」と勧められました。実は当時、父(久男さん)が家を飛び出していて、母は慣れない行商を始めるなど、さんざん苦労して僕ら4人の兄弟を食べさせてくれていた。一度決めた就職を断るのは抵抗もあったけど、「おふくろを少し楽させてあげようかな」と考え直し、親孝行のつもりで入団を決めました。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング