産経ニュース

ベトナム主席招き宮中晩餐会 今月下旬で調整 両陛下、最後のご出席か

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ベトナム主席招き宮中晩餐会 今月下旬で調整 両陛下、最後のご出席か

 ベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席が国賓として今月下旬に訪日し、天皇、皇后両陛下が主催される宮中晩餐(ばんさん)会が行われる方向で調整が進められていることが8日、関係者への取材で分かった。天皇陛下は来年4月30日の譲位が決まっており、両陛下が主催し、陛下がお言葉を述べられる宮中晩餐会は最後となる可能性がある。

 両陛下は昨年2~3月、友好親善を目的に同国を初めてご訪問。国家主席夫妻が主催する晩餐会に出席されており、今回はその返礼の意味合いもある。

 宮中晩餐会は、両陛下が訪日した国賓を迎え、宮殿・豊明殿で催される。公務の負担軽減で原則、式典でのお言葉をなくした平成21年以降も、晩餐会では陛下がお言葉を述べられている。

 宮内庁によると、陛下は来年4月30日の譲位後、すべての公務を皇太子さまに譲る意向を示しており、両陛下が上皇、上皇后となった後は晩餐会への出席も見送られる見通し。譲位まで1年を切る中、国際親善に尽くされてきた陛下のお言葉は、残り少ない貴重な機会の一つとなる。

 両陛下が晩餐会にベトナムの国賓を招かれるのは26年3月のチュオン・タン・サン前国家主席夫妻以来。

 昨年のベトナム訪問で、両陛下は残留元日本兵家族と面会されるなど、同国との友好親善に努められた。ハノイで開かれた晩餐会で、陛下は両国の交流の歴史を振り返った上で、近年は留学生や技能実習生が多く日本に滞在している実態をご指摘。「私どもの訪問が、両国国民の相互理解と友好の絆を更に強める一助となることを心から願っています」と述べられた。

     ◇

 宮中晩餐会 天皇、皇后両陛下が、訪日した国賓を迎えて宮殿・豊明殿で催される格式の高い宴席。プロトコル(国際的儀礼)にのっとって行われ、フランス料理が基本となっている。皇族方が臨席されるほか、三権の長、政財界の有力者や文化・科学・芸術など各分野で相手国とゆかりのある人々が招待される。元首級でも国賓としての訪日でない場合は宮中晩餐会とは区別され、午(ご)餐(さん)(昼食会)などが行われる。

「ライフ」のランキング